シャンパーニュ・ベルエポック

シャンパーニュ/ベルエポック

ベルエポック1 アート・オブ・シャンパンとも称される「ペリエ・ジュエ」は、1811年にシャンパーニュ地方エペルネに設立。
1861年に英国ヴィクトリア女王の御用達となり、さらにフランス王室御用達の命を受けました。
現在では世界50カ国余のセレブリティに愛される優美なシャンパンとして、特別な存在であり続けています。
グランクリュの畑から生まれるシャルドネ種を主体とした気品に満ちた味わいです。
ベルエポック2 ガラス工芸作家「エミール・ガレ」の描いたアネモネは、ペリエ・ジュエのシャンパンの特徴を表現したエレガントなボトルデザインです。
シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%で、ベル・エポックには、100%グランクリュのブドウのみが使われます。
輝きのある黄金色と立ち上る繊細な泡立ちが美しく、芳醇でいながらデリケートなアロマがあり、完璧なバランスを持つ味わいに仕上げられています。

ベルエポック・ブランドブラン

ベルエポック3 シャンパーニュの至宝、ブランド・ブラン。
ブランド・ブランとは、白ぶどうシャルドネ種だけで造られる、エレガントで最も高価なシャンパーニュです。
そのまろやかな酸味と、豊かな泡の奥に秘められた表情は、多種多様。
飲み手の想像をはるかに超える世界を持っています。

素材が持つクオリティ

ベルエポック4 本当に上質な製品を作るための秘訣は、原料選びにあります。
創業以来、ペリエジュエ社は優秀性を追い求めることに惜しみない努力をしてきました。
今日まで醸造家の家系が根気強く習得してきたペリエジュエの持つ品質は、完璧に近いものがあります。
ほぼ全体がグランクリュに格付けされている65ヘクタールのブドウ園は、今でも成長を続ける世界に一つしかない遺産となっています。
慎重に選ばれ、献身的に手入れを施し、2世紀に渡って受け継がれてきた本物の宝の山といえるでしょう。