ブルゴーニュ・エシェゾー

ブルゴーニュ/エマニエル・ルジェ・エシェゾー

エシェゾー1 アンリ・ジャイエの甥に当たりジャイエ一族で引退した何人かのワインを引き続き造っているのがこのエマニュエル・ルジェです。
純粋にアンリ・ジャイエ的なワインを造っているのはこの人しかおらず、この魅力は何物にも代えられません。
非常に真面目な人でインポーターからのコンタクトが引き手あまたのため仕事に専念できないためかしょっちゅう電話番号を変え正規インポーターでさえなかなか連絡が取れないようです。
年を追うごとに神懸かり的な魅力を発するようになる彼のワインは自然派云々ではなく魅力の固まりのようなワインです。

グランエシェゾー

グランエシェゾー1 ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接するグラン・エシェゾーの畑は、土壌が深く、土の中の石が少ない畑なので、果実の香りが凝縮されたような、まろやかでコクのある極めて魅力的なワインを生み出します。
エシェゾー、グラン・エシェゾーの畑は複数の所有者によって分けられるため、ドメーヌによって個々の個性を生み出す特級畑なのです。

グラン・エシェゾーの畑醸造

グランエシェゾー2 グラン・エシェゾー畑醸造は、極めて伝統的な方法で行われます。
発酵には専用の木桶が使用されます。
色の濃い、構成のしっかりした長寿な酒を生み出すために、葡萄は軽くカットするだけで、破砕・除梗せずそのまま槽に入れられます。
発酵温度は32〜33℃に保ち、発酵および醸しはできるだけゆるやかに長めに行うようにします。
樽熟にはトロンセ産の樫の新樽を100%使用し、熟成期間は18〜24ヵ月。
この間に1回だけオリ引きをし、最後に卵白を使って清澄します。


こうして瓶詰めされたワインは、数十年にわたるであろうその生涯の物語をつむぎ出すために、それぞれの門出を飾るのです。