ブルゴーニュ・ラターシュ

ブルゴーニュ/ ラターシュ

DRCラターシュ1 ラ・ターシュ(La-Tache)はドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有(モノポール)するフランスのブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村に在る約6.1ヘクタールのグラン・クリュ(特級格付け)の畑です。
元々のラ・ターシュは約1.43ha程でロマネコンティよりも小さな畑でしたが、所有者のドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の申し立てで、1932年に直ぐ上に隣接するゴーディショの約4.62haの畑を併合し、今の形になりました。
畑の形が縦長で、高低差も50m近くある比較的広い畑である事が幸いしてか、毎年品質的には安定感があり、時にはロマネコンティを上回ると評されています。

ラターシュの評価

DRCラターシュ2 ヴォーヌ・ロマネ村にある6.06ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1870ケースのワインが製造されます。
1929年には8万8125ドルの値がついたことがあります。
ラ・ターシュは凶作の年でも美味しく、畑が斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みを持ちます。
色濃く凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。

ラターシュのテロワール

DRCラターシュ3 標高250m〜300mで、地質学的土壌は、石灰岩です。
ほかより軽めの土性で、花の香りが出ます。
表土は上部で60センチ、下部で1メートルで、上部は砂が多く、礫も多いです。
大きな表現力のあるワインとなります。谷間の風の影響を受けない、比較的温かいミクロクリマで、斜面は急で水はけがよいです。
同時に土壌流出が激しいため、85年に、斜面中腹にコンクリートの溜め池が作られました。
平均樹齢は57年です。