ボルドー・シャトーマルゴー

ボルドー/シャトーマルゴー

ボルドーメドック格付け第一級マルゴー1 シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)は、著名なボルドーワインのシャトーの名称、および同シャトーの生産するワインの銘柄の名称です。
「ワインの女王」と呼ばれるボルドーワインの中でも、シャトー・マルゴーはしばしば「最も女性的なワイン」とも形容されます。

概要

ボルドーメドック格付け第一級マルゴー2 「シャトー・マルゴー」は、世界で最も高い名声を有する赤ワインの一つです。
メドック地区の4つの第1級格付け銘柄の1つであり、10年から数十年の熟成に耐え、良質なヴィンテージのものは高値で取り引きされます。
第1級の名声に達しないと判断された赤ワインはセカンドラベルの「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」として販売されます。

シャトーマルゴーの位置

ボルドーメドック格付け第一級マルゴー3
シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にあります。
マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地です。
シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールです。
白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。