ブルゴーニュ・ロマネコンティ

世界最高峰のワイン/ブルゴーニュ ロマネコンティ

世界最高峰ワインロマネコンティ1 ワインの平均年産は約6,000本程度(順調な年で7,000本程度、不調な年で4,000本程度)と極めて希少性が高く、世界で最も高値で取引されるワインと云われています。
またその高額にして希少性の高さから、「飲むより語られる事の方が多いワイン」と云われる事もしばしば。
現在、どんなに安くても30万円は下らず、良作年の物は1本、100万円を超える事もあります。

ロマネコンティの名前の由来

世界最高峰ワインロマネコンティ2 「ロマネ・コンティ」は、ブドウ畑の名称をそのまま付けたものです。
「ロマネ」の部分は、古代ローマ時代にまで遡るこの畑を生み出したローマ人に由来します。
「コンティ」の部分は、18世紀仏ブルボン王朝のコンティ公爵に由来します。
コンティ公爵は、国王ルイ15世の愛人ポンパドゥール夫人との争奪戦の末、1760年にこの畑を手に入れました。

ロマネコンティのエピソード

世界最高峰ワインロマネコンティ3
2007年5月22日にニューヨークで開催されたクリスティーズの競売では、1985年産の「ロマネ・コンティ」1ダースが23万7,000米ドル(1本あたり約2万米ドル)で落札されました。
ブルゴーニュワインとしては競売史上の最高額です。